HTMLアプリケーションツールと書かれたメモを発掘。

「test.hta」というファイルで保存するようにと書かれていた。

 

<HTML>
 <HEAD>
 <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
 <TITLE>実験</TITLE>
 <HTA:APPLICATION
      APPLICATIONNAME = "HTA_Sample"
      BORDER          = "dialog"
      BORDERSTYLE     = "normal"
      CAPTION         = "yes"
      CONTEXTMENU     = "no"
      ICON            = "htasamp.ico"
      ID              = "oCheck"
      INNERBORDER     = "no"
      MAXIMIZEBUTTON  = "no"
      MINIMIZEBUTTON  = "yes"
      NAVIGABLE       = "yes"
      SCROLL          = "no"
      SCROLLFLAT      = "yes"
      SELECTION       = "no"
      SHOWINTASKBAR   = "yes"
      SINGLEINSTANCE  = "no"
      SYSMENU         = "yes"
      VERSION         = "1.0.0"
      WINDOWSTATE     = "normal"
 />
 </HEAD>
 <BODY bgcolor="#CCCCCC">
 <INPUT type="button" value="閉じる" onClick="VBScript:Window.Close">
 <iframe src="https://www.google.co.jp/" id="test" width="1400px" height="600px">
 </iframe>
 </BODY>
 </HTML>

やってみたら「このWebサイトに入力する情報のセキュリティを保護するため、このコンテンツの発行者はフレーム内での表示を許可していません。」と怒られました。

そもそも何がしたくてこんなものを作ったのだろう…。


ちょっと調べてみたら、この辺が参考になるのかも。
https://buzzwordjp.blogspot.com/2011/09/iframe-x-frame-options-http.html


VBScript Hackers Technique Webクライアント・アプリケーションの制作―HTML、HTA、XML、Ajaxを駆使したWeb2.0時代のプログラミングTips