議論やアイデアをまとめる方法として「マインドマップ」がありますね。
私も頭の中の整理によく使います。

「FreeMind」はこのようなマインドマップを作成するためのフリーのソフトウェアです。

FreeMindは簡単にグラフィカルなマインドマップを作成できるほか、作成したマインドマップをPDFやPNG、HTMLといった形式で保存する機能も備えています。FreeMindで作成したマインドマップは自由に展開/折り畳みができ、またWebブラウザで動的に動くマップを作成することもできます。

そもそもマインドマップとは・・・?
 マインドマップは、ある対象について、関連するキーワードや想起されるイメージを放射状に繋げながら描いていくことで分析/表現を行うものです。キーワードやイメージを繋げていく表現方法は人間の脳が物事を記憶/分析する方法に近いと言われており、物事の特徴を把握しやすく図示する方法であると言われています。

 マインドマップの基本的な作成ルールは非常に単純です。まず、分析/表現したい対象を中心に書き、そこから放射状に線を延ばしてその事柄に関連するキーワードや想起されるキーワードを書き込みます。続いて新たに書き込まれたキーワードに対し、同様に関連/するキーワード、想起されるキーワードを書き込んでいく、というステップを繰り返すことで、マインドマップは作成されます。

 FreeMindはWindowsおよびMac OSX、Linuxで動作します。また、実行にはjava.comからダウンロードできるJava Runtime Environment(JRE)が必要です。最新版のJREをダウンロードしてからインストールを行ってください。


--------------------------------

手で書きたい人はこちらがおすすめです。

13インチ電子メモ 電子パッド

毎日何かしら(マインドマップ、ToDoリスト、チェックリスト)に使っています。
サラサラかけるので本当におすすめです。

ちなみに、お子様のお絵かきにもぴったりです。